WEED THE PEOPLE -大麻が救う命の物語 –

スポンサーリンク

Netflixで”WEED THE PEOPLE”を視聴した。

大麻が救う命の物語 | Netflix
大麻は麻薬として厳しく規制されているが、医療用大麻を使ってガンと闘う子供達もいる。そんな子供達の家族や医師達が、医療での大麻の可能性を切実に訴える。

WEED THE PEOPLEの日本語サブタイトルは「大麻が救う命の物語」。アメリカ、カリフォルニア州で、大麻オイルで治療を行う子供の癌患者とその家族、患者家族をサポートする大麻カウンセラーや医師に密着したドキュメンタリー作品。

主な登場人物

カウンセラー、医師

Mara Gordon: Founder, Aunt Zelda’s Inc.
ドキュメンタリーで登場する大麻カウンセラー。大麻オイルの4,500種の組み合わせの中から、依頼者に合った大麻の治療法を見つける。依頼者の了承を得て治療データを収集し、他者に役立てている。患者家族をつなぐ、映画の主要な人物の一人。

The Oil Plant (formerly Aunt Zelda’s)
Aunt Zelda’s, brought to you by The Oil Plant, is a licensed California manufacturer. is a pioneering, data-driven developer of cannabis-based plan medicines. A...

Mara Gordonは、TEDにも登壇している。

Bonni Goldstein, MD
医師。患者に対して、医療大麻を使えるかどうか法的に判断する。

Home - Canna Centers
Autism Research Get the newest book from Bonni Goldstein, MD “Cannabis is Medicine: How Medical Cannabis and CBD are Healing Everything from Anxiety to Chronic ...

ドキュメンタリーでは、Bonni Goldsteinがその患者に医療大麻を使えるかどうか法的に判断し、Mara Gordonが大麻オイルのサポートを行うという協力関係に見えた。

ドキュメンタリーで語られたアメリカの大麻の歴史

アメリカでは1937年の大麻課税法で、実質的に大麻が禁止されたという。米会議は1970年に、大麻を乱用の危険性が高く医療用ではないとしてスケジュールIに分類した。カテゴリーIは、ヘロインやLSDと同じ分類になる。一方、コカインは、”限定的な医療用途があるため”一つ下のカテゴリーIIに分類される。
連邦政府は”研究が不十分で大麻はスケジュールIから外せない”という。その一方で”スケジュールIだから研究させない”といい、何もできない状況になっているが、アメリカ以外の国では大麻の研究が進められているので、それが大麻をスケジュールIから外すのに使える可能性がある。

大麻の抗癌作用の証拠を1974年に初めて示したのは、米国立癌研究所
(National Cancer Institute)だという。画面には以下の論文が表示されていた。

https://academic.oup.com/jnci/article-abstract/55/3/597/912322

CNNニュースの場面では、番組内で次のようなやりとりがある。

アメリカ政府は、脳の保護剤としての大麻の特許を保有している。なぜ政府が特許を?政府は特許を持つ一方、大麻は医療に使えないとしている。これは前代未聞の偽善だ。

画面は以下の特許が表示されていた。

US6630507B1 - Cannabinoids as antioxidants and neuroprotectants - Google Patents
Cannabinoids have been found to have antioxidant properties, unrelated to NMDA receptor antagonism. This new found property makes cannabinoids useful in t...

WEED THE PEOPLE

ドキュメンタリーは、2017年のカリフォルニアで患者家族が集まるシーンで終わる。闘病中の場面を振り返ると、最後の場面は驚かずにはいられない。科学療法の副作用を大麻が抑えて、より化学療法が効果を発揮するように働いているように感じた。化学療法を行っている病院の理解も必要だということが分かった。
このドキュメンタリーは、登場人物が自分のためではなく誰かのために戦っている。たから観ていて心を打たれる。

ドキュメンタリーの冒頭タイトル表示で、”WE THE PEOPLE->WEED THE PEOPLE“とアニメーションで”WE”の後に”ED”が挿入される。どういう意味なのかと思ったら、”We The People”は、ホワイトハウスのWebサイトで、米国政府に対する請願を受け付けるシステムらしい。そういえば、辺野古署名で利用したことがあるのを思い出した。

タイトルとURLをコピーしました