7 SEEDSシーズン1

スポンサーリンク

Netflixで7SEEDSシーズン2の配信が始まった。シーズン1の最後で「え?ここでシーズン2に続くなの?」と思った以外、すっかりストーリーを忘れてしまっていたので、シーズン2をより楽しむためにシーズン1をおさらいした。シーズン1は全12話。1話約30分なので、6時間弱で観ることができる。

7SEEDS | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
内気な少女、ナツは眠りから目覚め、人類絶滅を回避するために他の若者達と共に冷凍保存されていたことを知る。変わり果てた地球で、壮絶なサバイバルが始まる。

7SEEDSの概要

地球に隕石が落下するという予測があり、人類が生き残るために様々な方法が各国で考えられた。そのプランの一つが政府の”7SEEDS”プロジェクト。若くて健康な人間を選んで冷凍睡眠状態にして保存する。そして地球が人が住める状態になったら解凍される。冷凍睡眠は、春、夏A/B、秋、冬の5チームで構成される。各チームは、メンバー7人とガイトで構成される。夏だけAとBの2チームがある。

各チーム

チーム名主なメンバー概要
東京の地下で眠っていた。目覚めた後、関東近海から一番近い荻野富士を目指す。荻野富士の到着は夏Bチームの後。荻野富士到着後、冬チームの新巻が合流する。その後、花を含む3人がボートで九州の豊後富士にたどり着く。そこで、灰が降り始めたため夏Bチームが神戸富士方面に移動したことを知る。花を含む3人も神戸富士方面に移動するが、灰が降り始めて村は放棄され状態だった。龍宮の近くで神戸富士の村を捨てた秋チームと会う。龍宮シェルターが全滅したことを知った後、夏Aチームと遭遇する。その後、春チームの残りが待つ荻野富士に向かう。荻野富士で残りの春チームメンバーが見当たらなかったが、しばらくして夏Aチームの村を見つける。
夏A安居

選抜された7人。村を作って生活している。春チームの桃太郎が流れ着く。
夏Bナツ

蝉丸

九州北部に集められていた。最初に一番近い豊後富士にたどり着く。豊後富士の備蓄庫に着いた後、ナツ、嵐、蝉丸の三人は関東を目指して別行動をとる。三人は、神戸富士で秋チームと会った後、関東に荻野富士に到着する。そこで冬のチームの新巻に会うが、すくに新巻と別れる。別の備蓄庫で大型の船を見つけて、まずは船で残りの夏Bチームが待つ九州に戻ることにする。その途中で漂流していた春チームのひばりを救出する。

一方、灰が降り始めたので残りの夏Bチームは豊後富士から神戸富士方面に移動した。

秋ヲ

神戸富士の備蓄庫の上に村を作って暮らしていた。灰が降り始めたため村を放棄し、龍宮シェルター近くに移動。そこで春チームの3人と出会う。 龍宮シェルターが全滅したことを知った後、夏Aチームに遭遇する。ガイドが夏Aチームに撃たれる。
新巻

美鶴

吹雪

北海道に集められていた。
新巻一人だけ生き残り、犬と共に行動する。

5チームは、人が住める状態になった地球で目覚めるが、その時期はそれぞれ異なる。このため、冷凍睡眠時の年齢が同じであっても、解凍時期によって、目覚めた後の年齢が変わる。春チームの花と夏Bチームの嵐は冷凍睡眠前に恋人同士だった。

花の父親貴士が7SEEDSプロジェクトのメインスタッフ。また、貴士は隕石落下時の龍宮シェルターのメインスタッフでもある。

7つの富士とシェルター

7つの富士に備蓄庫がある。第2話で7つの富士の名前がわかる。

北から、阿寒富士、名取富士、能登不富士、荻野富士、富士山、神戸富士、土佐富士、豊後富士

7つの富士

7つの富士

阿寒富士雌阿寒岳北海道
名取富士太白山宮城県
能登富士 高爪山石川県
荻野富士経ヶ岳神奈川
神戸富士再度山兵庫県
土佐富士白髪山高知県
豊後富士由布岳大分県

備蓄庫とは別に、龍宮と呼ばれるシェルターが大阪と京都の中間付近にあったが、感染症が発生して全滅した。春チーム花の父親貴士は、シェルターから逃げた大臣を追って封鎖前にシェルターを出た。

シーズン1と印象に残ったエピソード

シーズン1は原作コミックの1巻~16巻位の内容なので、アニメ1話分の展開が早く、1話の間にキャラクターがかなりの距離を移動する。春チームの花と夏Bチームの嵐はまだ再会できていない。

冬チームが目覚めた後、新巻だけが生き残ったエピソードと、龍宮シェルターの食料不足と疫病のエピソードが印象的。

また、秋チームの蘭が過去を語った時の「ここに来ていいのは、酔っ払い運転の車がいないこと・・」という会話も印象的。

シーズン1の最後で、花は地下水流に吸い込まれてしまう。船で九州を目指した夏Bチームの状況もわからない。

物語の世界と現代

2019年にシーズン1が公開された7SEEDSを2020年にもう一度観てみると、まるで2020年の預言のようだった。例えば、

  • 龍宮シェルターで物資が不足し、感染症が広まったエピソード
  • アーティストが軽くみられているという状況
  • 夏Aチーム選抜時の硬直化した人材育成訓練カリキュラムの内容

7SEEDSの原作は、連載開始が2001年。フィクションが現実に追いついている感じがする。

夏Bチームがおもしろい

夏Bチームは、エリートだけのチームに不安を感じた政府が、あえて入れた”落ちこぼれ”チームらしい。”落ちこぼれ”とは、現在の社会の物差しで測った結果でしかない。物語の政府の方が現実の政府よりも論理的だと思った。

タイトルとURLをコピーしました