あいちトリエンナーレ2019

3年ごとに開催されているあいちトリエンナーレ2019に行ってきた。会場は、大きく2つのエリアに分かれている。一つは名古屋市エリア、もう一つは豊田市エリア。午前中に豊田市エリアを回り、午後に名古屋市エリアを回ることにした。

豊田市エリア

名古屋から豊田市に

名古屋駅から豊田市駅へのアクセスは、名鉄の特急に乗れば知立で1回乗り換えるだけ。しかし、間違って知立より手前の途中駅で降りてしまい、あちこちホームを移動したり電車を乗り換えたりしたりで時間を無駄にしてしまった。

間違えて降りてしまった駅で記念撮影

間違えて降りてしまった駅で記念撮影

 

豊田市でフリーパスを引き換え

事前に「でら得先割」でフリーパスを購入していたので、名鉄豊田市駅下インフォメーションで実券と引き換えた。

[フリーパス

フリーパス

特典の手ぬぐいとうちわ(?)。

手ぬぐい

手ぬぐい

うちわ

うちわ

一緒にもらった地図がすごく役に立った。

マップ

マップ

まずは喜楽亭に行ってホー・ツーニェンさんの作品を見ようと思ったが、満員だったのであきらめて旧豊田東高等学校プールを見に行くことにした。

豊田市美術館

豊田市美術館

地図を見ると、豊田市美術館に一回入ってすぐに旧豊田東高等学校プールに行けそうだった。

プール

プール

しかし、迷いに迷って豊田市美術館に入ってから旧豊田東高等学校プールに着くのに1時間位かかってしまった。

旧豊田東高等学校

旧豊田東高等学校

高嶺格さんの「反歌:見上げたる 空を悲しも その色に 染まり果てにき 我ならぬまで」にたどり着く。

国際芸術祭「あいち2022」
国際芸術祭「あいち2022」は、2022年に愛知県で開催される都市型の国際芸術祭です。

名古屋市エリア

四間道・円頓寺

円頓寺商店街

円頓寺商店街

豊田市から名古屋駅まで戻り、徒歩で四間道・円頓寺エリアに移動。

どうしても見たかった弓指寛治さんの「輝けるこども」。実際に起きた自動車事故を題材にした作品。

国際芸術祭「あいち2022」
国際芸術祭「あいち2022」は、2022年に愛知県で開催される都市型の国際芸術祭です。

子供の笑顔がすばらしい。子供の時ってこういう感じだったよなと、思った。
SNSなどで作品の写真は事前に見ていたけれども、実際に現地で見ることができてよかった。
最後の車の暖簾がすごすぎて、言葉が出なかった。

弓指寛治さんのTwitter

愛知芸術文化センター

愛知芸術文化センターに移動。

愛知芸術文化センター

愛知芸術文化センター

一番驚いたのが、袁廣鳴さんの「日常演習」。
最初に映像を観たときにはよくわからなかったが、後で解説を読んで台湾の防空演習の映像だと知ってびっくり。

国際芸術祭「あいち2022」
国際芸術祭「あいち2022」は、2022年に愛知県で開催される都市型の国際芸術祭です。

まとめ

名古屋駅

名古屋駅

エリアが分かれていたので、いろいろな場所に行けて愛知県とトリエンナーレを楽しめた。
3年後にまた行きたい。

タイトルとURLをコピーしました