Round Stone

石丸技術士事務所のブログ

その他

4K/8Kテレビ放送に期待すること

2015/12/25

テレビ放送は4K,8Kの時代が来ると言われています。4K,8Kの放送では、画面の解像度が現在より高くなり、より細かな映像を見ることができるそうです。個人的にはテレビ放送をほとんど見ていないので購入する予定はありませんが、もし今持っているテレビが壊れてしまったら4Kに対応したテレビを購入するかもしれません。

テレビを見なくなった理由

数年前までは、時間があればテレビを見ているような状態だったのですが、現在は映画かドキュメンタリー以外はほとんどテレビを見なくなりました。ニュースもほとんど見ていません。多分一週間で1時間位しかテレビを見ていないと思います。テレビを見ないと重要なニュースを見逃してしまいそうですが、そういうニュースはみんなが見ているはずなので、知っている人から聞けば十分です。テレビを見なくなった理由はいろいろありますが、その中の一つが映像の修正です。CMが顕著ですが、極端に修正された不自然な人物を大画面で見るのに違和感を感じてしまいます。では「修正をなくしてしまえば良いのか」というと、それはそれで色々と問題があることは想像できるので、仕方ないということも理解できます。現在放送されている多くのCMがレタッチされているのは、視聴者からそれに対して特に不満は出ていないからなのでしょう。

ディジタル放送になって情報量は減っているのでは

例えば、CMなどでは人物の肌を修正し、滑らかな肌色のグラデーション加工をしているのもが多くあります。この加工によって、実際の情報量はかなり落ちているはずです。シワを消せば、「シワがある」という情報は欠落し、また毛穴を消せば「毛穴がある」という情報が欠落します。もしかすると、昔のNTSC時代のCMの方が細部の情報が残ってるのではないでしょうか(少なくとも人物に関しては)。

オリジナルのデータ

オリジナルのデータ

レタッチ後のデータ

レタッチ後のデータ

実際の情報量が少ないのであれば、あえて高解像度のテレビで見る必要はないでしょう。たとえば、クレヨンしんちゃんやサザエさんは4Kや8Kで見る必要は多分ないでしょう。毎日修正された人物をCMなどで見せられることで、それがボディーブローのように深層心理に働きかけ、ぼんやりとした違和感を抱かせている気がします。

4K,8Kに期待すること

4K,8Kの放送では、さらに進化したレタッチ風のCMが増えるのでしょうか。ディジタル処理でなめらかなフィルターがかかった肌を4Kや8Kで見てもあまり感動がない気がします。

どうせ修正するなら、リアルな嘘にしてほしい

どうせ修正するなら、嘘の皮膚のテクスチャを貼って実質的な情報量を増やす処理を行って欲しいものです。

リアルに錯覚させてほしい

リアルに錯覚させてほしい

もうそこまでするなら、 さらに一歩進めて放送では3Dデータとテクスチャ、モーションデータだけを送信して、テレビ側でリアルタイムのレンダリングをすれば良い気もします。そうすれば高解像度化によるビット・レートの問題も解決なのでは。

純粋なCGはどうなのか

CGアニメはレンダリング時間が間に合わないという記事を目にしました。

"業界関係者が警告、長編CGアニメの4K対応はほぼ不可能"
http://www.businessnewsline.com/news/201411190626290000.html
Bruno Maheは現状においてはフルCGアニメを4Kで製作することは経済合理性を持たないと締めくくっている。

はるか昔、コンピュータの能力が貧弱だった頃、3D CGのゲームはワイヤーフレームでした。リアルな3D CGとワイヤーフレームのCGを比較すると、リアルな3Dの方が情報量が多いのは明らかです。では、ワイヤーフレームはダメかというと、そうでもないと思う人も多いのではないかと思います。画面に存在しない情報を、自分自身の記憶の中から補って、脳内で自由にリアルな映像に補完できるからです。同じワイヤーフレームの映像を見たとしても、脳内の映像は人それぞれで違うでしょう。もしかすると、今のテレビのレタッチもそういった効果を狙っているのでしょうか。

ワイヤーフレームの手

ワイヤーフレームの手

消費電力が一番気になる

実はレタッチよりも気になるのは、4K,8Kの消費電力です。消費電力に見合ったコンテンツになるのでしょうか。ノートPCやスマホで動画を見れば数十Wですから。一般的には、画面の解像度が上がれば消費電力は多くなります。ただ、画素の色の変化が少なければ消費電力は相対的に少なくなります。そういう意味では、もしかするとレタッチは低消費電力化に一役買っているのかもしれません。

投稿者プロフィール

round_stone
round_stone
石丸技術士事務所: 石丸顕二(技術士 情報工学部門)

-その他