IEEE Computerの求人広告

スポンサーリンク

IEEEという学会の会員になっています。そこにComputer Societyという分科会があり、会員になるとComputer Magazineという会報が毎月が送られてきます(会員契約によってはPDFなどのダウンロードのみ)。この会報で数年前から気になっていることがありました。それは「CAREER OPPORTUNITIES」というページです。これは大学や企業などの求人情報のページなのですが、数年前からある1企業が求人情報を大量に載せているのが気になっていました。そこで、2010年から2015年の間でどのような企業がComputer Magazineに求人広告を載せているかを調べてみました。

IEEE Computer Magazine

調査対象

「CAREER OPPORTUNITIES」のページは、通常広告、半ページ広告、1ページ全面広告などで構成されています。通常広告は、3列のレイアウトでいろいろな企業が小スペースの求人情報を掲載しています。今回、この通常広告は集計を行っていません。企業数が非常に多いためです。今回集計を行ったのは、半ページや1ページ全面など、あるページを1つの企業が占有している大型広告のみです。
また、関連会社、別の事業所なども同一の企業としてまとめています。

集計対象部分

集計対象部分

各年度の求人広告ページ数トップ8

2010年

2010年求人広告ランキング

2010年求人広告ページ数ランキング

Cisco Systemsのページ数がトップです。2010年は、企業の求人広告がまだ多くありません。そのため、トップ8ではなくトップ4です。

2011年

2011年求人広告ランキング

2011年求人広告ページ数ランキング

2011年はAppleとHPの求人広告ページ数がツートップでした。

2012年

2012年求人広告ランキング

2012年求人広告ページ数ランキング

2012年は、圧倒的な差をつけてAppleが1位です。

2013年

2013年求人広告ランキング

2013年求人広告ページ数ランキング

2013年も圧倒的な差をつけてAppleが1位です。FacebookやSalesforce.comの求人広告もありました。

2014年

2014年求人広告ランキング

2014年求人広告ページ数ランキング

2014年もAppleが1位です。LinkedInも求人を出しています。

2015年

2015年求人広告ランキング

2015年求人広告ページ数ランキング

2015年(7月まで)はAppleが1位です。2位がMicrosoftです。

2010〜2015年の総ページ数

2010-2015年の求人広告ページ数ランキング

2010-2015年の求人広告ページ数ランキング

Appleが圧倒的です。求人広告掲載企業と簡単な事業内容は次の通りです。

会社名事業内容
Apple デジタル家電など
Microsoft Windows OSなど
Salesforce.com クラウドのCRM(顧客関係管理)
Cisco Systems ネットワーク機器など
Symantec ウイルス対策
Juniper Networks ネットワーク機器など
LinkedIn ビジネス特化型ソーシャルネット
Facebook ソーシャル・ネットワーキング・サービス
Samsung 総合家電など
Infosys ITコンサルティング
Seagateハードディスクドライブ製造
Nokia 電気通信機器
nVIDIA 3Dグラフィクス機器など
Hewlett-Packard コンピュータ関連製品
Yahoo ポータルサイト
BroadCom 半導体製品
Applied Materials  半導体製造装置
FileMaker データベースソフト

まとめ

Appleの求人広告数が圧倒的でした。実際にComputer Magazineを読んでいてもAppleの求人広告の多さが印象に残ります。これはAppleの成長を意味するのか、それとも離職率の高さを意味するのか。2番手のHPやCiscoに圧倒的な差をつけています。

情報処理学会でも「情報処理」という会報が毎月送られてきますが、このような企業の求人情報はあまり見かけない気がします。

タイトルとURLをコピーしました