freeeの見積書作成でマイナス金額の項目を追加する

スポンサーリンク

見積書を作る時に、値引き額や源泉徴収税の金額をマイナスで入れたい場合がある。会計freeeでどのようにすればできるのか調べると、公式マニュアルに手順が書いてあった。

請求書・納品書・見積書を作成する
対象プラン 法人プラン ✓ミニマム ✓ベーシック ✓プロフェッショナル ✓エンタープライズ 個人プラン ✓スターター ✓スタンダード ✓プレミアム   freee会計の請求書機能は、クラウド会計ソフトならではの便利な機能を備えています。 請求内容を自動で帳簿付け 見積書・納品書の作成 freeeの画面...

しかし、画面のどこを探しても手順の説明図と同じ表示が見当たらない。公式の説明書では、「行の種類」というメニューから「割引」という種類が選択できるはずなのだが、その「行の種類」というメニューが見当たらない。多分、freeeのウェブアプリのGUIが改善されても手順の説明図は昔のままだったりで、整合性がとれていないのではないかと思うのだけれど、とにかく見当たらない。

freeeの見積書入力

freeeの見積書入力

1時間位悩んでやっとやり方がわかった。

マイナス金額の追加方法

「税額を表示」にチェックが入っていると、「行の種類」のメニューが表示されない。いつも「税額を表示」にチェックを入れていたので、まったく気が付かなかった。

「税額を表示」のチェックをはずす

「税額を表示」のチェックをはずす

「税額を表示」にチェックをはずすと、「行の種類」メニューが表示されるので、「割引」を選択すると、入力した金額がマイナス値になる。

「行の種類」で「割引」を選択する

「行の種類」で「割引」を選択する

目的どおり、マイナス額の項目を追加することができた。

完成

完成

まとめ

会計freeeはかなり便利なのだけれど、細かい所でハマると解決まで結構時間がかかる(それは、どの会計ソフトを使っても同じだと思うけど)。ハマった時は、素直にサポートに問い合わせた方が良いのかも。

タイトルとURLをコピーしました