MacbookAirのACアダプタ修理に失敗した記録

スポンサーリンク

MacBook Air(11-inch, Early 2014)用のACアダプタが充電できなくなった。ケーブルの根本の接触がおかしいようだったので、分解してケーブルをはんだで付け直したら、まったく動かなくなってしまった・・・。
2本の線をはんだ付けするだけの、こんな簡単な修理に失敗するなんて。
修理に失敗してしまったけれど、ACアダプタを分解するのが大変だったので、記念に写真を残しておこうと思う。

ACアダプタの分解

ACアダプタの分解方法は、iFIXITのサイトを参考にした。

切断したApple ACアダプタ用ケーブルをどうやって修理するか
ダメージの入ったApple ACアダプタ用ケーブルを修理するにはこのガイドをご利用ください。

iFIXITに日本語版があるのを初めて知った。このサイト記事のACアダプタは、Early 2014用と全く同じものではないが(Early 2014用の方がコンパクト)、分解手順が参考になった。ACアダプタの横に走る凹部分に沿って、ドライバーとラジオペンチを使って力ずくでカバーを開けてみた。カバーを開けるのにかなり時間がかかった。

ACアダプタ本体のカバーは、接着剤でかなりしっかりと固定されていることがわかる。

ACアダプタを開いた所

ACアダプタを開いた所

ACアダプタ本体

ACアダプタ本体

本体の4方向から内部を確認してみる。カバーと内部の部品や配線の間に隙間がほとんどないことがわかる。

ケーブルのはんだ付け

充電ケーブルの根本の部分に問題がありそうだったので、その部分をカットして配線をむき出しにする。

充電ケーブル側も配線をむき出しにする。

両方の配線をはんだでメッキしてから、つなぎ合わせる。

ちいさな爆発音が

とりあえず充電ケーブルをはんだ付けした段階で、ACプラグをコンセントに刺してみた。
すると「パン」という小さな爆発音が・・・
どこかがショートしたらしい。

これ以上がんばっても被害が拡大する可能性があるので、この時点でACアダプタの修理は諦めた。プラグを見ると、溶解したような跡が残っていた。

プラグ部分

プラグ部分

何がだめだったのか

どこかがショートしていたのは間違いないと思うが、見た目ではショート箇所はわからなかった。ACアダプタのカバーを開けるのにかなり無理をしたので、内部のどこかに問題が発生していたのかも知れない。通電する前に、少なくともテスターで2本の配線がショートしていないか確認するべきだった。また、修理時にACアダプタのカバーを一旦完全にはずしてしまった方がよかったのかもしれない。

純正品

ACアダプタの純正品(MagSafe 2)は、Appleのサイトで購入できる。7,800円(税別)。

Apple 45W MagSafe 2電源アダプタ
Apple 45W MagSafe 2電源アダプタがあれば、自宅や職場でMacBook Airに簡単に接続できます。
タイトルとURLをコピーしました