昔のおもちゃを買い取ってもらった話

スポンサーリンク

昔買ったおもちゃが実家から送られてきたので、中野ブロードウェイのあるお店に買取で持ち込んでみた。未開封のものや、箱がちゃんと残っているものだけを選んだので、買取に持ち込んだのは次の3点だけ。

1.アーマード・バルキリー

アーマードバルキリー

超時空要塞マクロスのバルキリーに装着する外装のセット。バルキリーの着せ替えセットのようなもので、バルキリー本体は別売り。今はなきタカトクトイズ製。バルキリー本体はどこにいったのかわからない。もし見つかったとしても、遊び倒していたのでボロボロで買い取ってもらえる状態ではなかったと思う。アーマード・バルキリーは、あまり遊ばなかったから箱のまま残っていたのだと思う。

2.ナイキック

ナイキック

超時空世紀オーガスの変形トイ。こちらも、今はなきタカトクトイズ製。同シリーズのオーガスも買った記憶があるが、どこにいったのかわからない。ナイキックが箱ごと残っていたのは、買ったけどあまり遊ばなかったからではないかと思う。

シール類も残っていた

3.ロボダッチ宝島

ロボダッチ宝島

完全未開封のプラモデル。ロボダッチ宝島シリーズの中の1つで、今はなきイマイ製。まったく買った記憶がない。模型屋さんのスタンプをコンプリートしてもらった物か、または何かの懸賞で当たった物かもしれない。だから未開封のまま残っていたのではないかと思う。コンセプトが現代には合わないので、この製品が再販されることはまずあり得ないと思う(ロボダッチ宝島シリーズ全体がダメという訳ではなくて、この商品が・・)。パッケージを見た瞬間引いてしまった・・

中野ブロードウェイ

中野ブロードウェイは、JR中野駅北口を出てまっすぐに中野サンモール商店街を5分ほど歩くと到着する。駅を出た瞬間から、雰囲気で「あの人も買取だろうな」とわかる速足で歩く人がたくさんいた。中野ブロードウェイのお店に着くと、既にかなりの人が買取査定待ちの列に並んでいた。少量の買取よりも、大量に商品を持ち込んでいる人が多かったように思う。列に並んでいる間に、他の人の買取希望商品や、査定のやりとりを聞いていると、古くて貴重そうなものでも、ニーズのないものは買取できないようだということがわかった。また、大量に出回っているものも、買取できないようだった。買取金額の査定は、おもちゃのジャンルに応じてエキスパートの人が行っていた。

買取金額

持ち込んだ3点は、合わせて1万~2万円の間で買い取ってもらえた(*2018年の話です)。未開封だったロボダッチが高かった。状態の割に高く買い取ってもらえたと思う。

買ったはいいが、あまり遊ばなかったおもちゃだけが綺麗な形で現在まで残っているというのは示唆に富んでいるような気がする。もしかすると、遺跡の出土品なども同じような感じなのだろうか(ちがうか)。

タイトルとURLをコピーしました