映画:新聞記者

予想以上に面白かった。鑑賞後に何とも言えない気持ちになった。

出演者

記者役がシム・ウンギョンさんでなかったら、映画の印象がかなり違っただろう。英語を話すシーンなど、出演者として大切にされている感じがした。

総理官邸前

映画では、総理官邸前交差点付近がよく映し出された。フィクションでありながら非常にリアリティがあった。この周辺で働いている方々は、この映画を見てどのような感想を持つのだろうか。

映画館で映画を見るということ

映画館で鑑賞すると、予想以上に映画の世界に没入できて驚いた。NetflixとAmazon Prime、それにSpotifyを契約してから、CMを流すテレビ放送は完全に過去の産物だと確信している。映画についても、わざわざ映画館に足を運んで見る必要もないのではと思っていたが、映画館も素晴らしいと思った。映画に没入できたのは、映画の内容が面白かったのが一番の理由だが、それ以外にも、

  • スクリーン以外視界に入らない
  • 上映中、映画を見る以外他のことをできない
  • 18,00円払って渋谷の人混みに耐えて映画を見るために来ている、という心理

といった理由によるのではと思う。バーチャル・リアリティ(VR)では没入感を意味する"immersive"という用語が良く用いられるが、まさにimmersiveだった。Netflixは家庭などで気軽に映画を鑑賞できるが、没入感を得るのは難しい場合がある。Netflixで映画自体の魅力を再認識した人が、没入感を得るために以前よりも頻繁に映画館で映画を鑑賞するという流れもあるかもしれないと感じた。

映画をより楽しむには

トレーラーのyoutubeコメント欄を見ると、映画鑑賞後も新聞記者をより楽しめます。『あなたは、どう考えるだろうか。』


Copyright© 石丸技術士事務所 Round Stone , 2019 All Rights Reserved.