IoTビジネス

IoT(Internet of Things)に関する世界の取り組みとして、

  • ドイツのインダストリー4.0
  • アメリカのGEを中心としたインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)

が有名です。日本では、日本版インダストリー4.0と呼ばれる取り組みがあるようです。しかし、「日本版」という表記からわかるように、少なくとも現時点では、世界を引っ張っていくような取り組みには感じられません。IoTに関する日本の取り組みに関しては、「日本の強みを生かす」という言葉をよく耳にします。具体的には「日本は、強みを生かしてエッジ側に注力する」といった話です。 IoTでは、エッジと呼ばれる負荷分散のための中間処理部の概念があり、日本はそこに注力するという意味です。

ビジネスを始めるときによくある問い

何かビジネスを始めようとした時、「自分の得意分野をやったほうが良いのか」それとも「未経験だけど儲かることをやったほうが良いのか」という問いがあります。いろいろなビジネス書でそれについての考えが述べられていますが、総じて次のような意見です。まず、「自分の得意分野をやるのがよい」という立場の意見は、

  • ビジネスを始めると、いろいろな壁にぶちあたる。
  • 得意分野であれば、障害があっても諦めないで突き進むことができる。
  • これまでの十分な蓄積があるので、他者や競合に対して優位性がある。

といったものです。「得意分野」は「自分の好きなことや趣味」と言い換えても良いでしょう。では、「儲かることをやるほうがよい」という立場の意見はというと、

  • その時々で、儲かるビジネスは変わる。
  • まったく知らない分野でビジネスを始めても、これまでの経験は何らかの形で役立つ。
  • ビジネスを始めると、嫌なこともある。嫌いにならないためにも、趣味や得意分野をビジネスにしない方が良い。

といったところでしょうか。以前は「儲かるビジネスが良いのは頭では理解できる。しかし、強いて言えば得意分野に注力するほうが良いのではないか」と考えてきました。しかし今は迷わず「儲かることをやるほうが良い」という考えを支持します。

そもそも得意分野とは

自分のことを振り返ると、そもそも得意分野だと思っていることは、たまたま入った会社で、たまたま割り当てられた仕事です。たまたま割り当てられた仕事でしたが、それなりの結果を出すことができました。しかし、

  • 「得意分野に注力する」ことは「たまたま上手くいった過去の成果にしがみついてるだけ」 別の言い方をすれば
  • 今の自分は、過去の自分と同じ成果を出す自信がないと感じた時、その心の拠り所を探しているに過ぎない

と考えるようになりました。こういった考えば、未経験の分野のビジネスに取り組み、そこで今までと変わらないクオリティの結果を出すことで心から納得できるようになります。

  • 悠々自適の生活をしているなら、今までの得意分野をやればよい
  • そうでなければ儲かること(人から求められているビジネス)をやるしかない

ただ、そうはいっても実際問題、現時点の得意分野を捨て去って新しいことを始めるには勇気が必要です。しかし、少なくとも気持ちの持ち方だけでも「未経験だけど儲かる、求められているビジネス」を目指した方が成功率は高いと考えます。

エッジ側に注力するという立場

アメリカやドイツは、概念やシステムといったIoTの上流側で主導権を握ろうとしています。その理由は、端的に言えば下流側よりは上流側が儲かるからでしょう。IoTのエッジ側に注力するという立場には

  • 参入障壁が低いのではないか。急速にコモディティ化が急速に進むのでは?
  • ルールを自分でコントロールできないのではないか?
  • 従来の産業を代替できるような利益が出せるのか?

といった懸念が頭をよぎります。エッジ側への注力という立場の表明が、自信のなさの裏返しでなければ良いのですが。


Copyright© 石丸技術士事務所 Round Stone , 2019 All Rights Reserved.