BAND-MAID:輪廻

スポンサーリンク

BAND-MAIDの輪廻が最高にかっこよくて、繰り返し聞いている。

輪廻の魅力

多分、楽器の音作りと演奏とボーカルのバランスが最高なのだと思う。

  • ピッキングハーモニクスとパワーコードを組み合わせたブルータルな感じのリフが最高にかっこいい。
  • ギターの音作りが最高に魅力的。
  • 低音で始まるボーカルが魅力的。
  • メロディーの繰り返し部分もバックの演奏に変化があって飽きない。

BAND-MAIDのビジュアルと音のギャップが、曲をさらに魅力的にしているように思う。

曲の構成

ざっと曲の構成を拾ってみた。ベースの細かい部分は違っているかもしれない。

BAND-MAIDの曲名

BAND-MAIDの曲には、「YOLO」,「CLANG」,「azure」といったタイトルの曲がある。いずれもギター・ボーカルの小鳩ミクさんの作詞。もしかしてYOLOってAIのあれなんでしょうか?CLANGってコンパイラのあれなんでしょうか?azureってクラウドサービスのあれなんでしょうか?もしそうだとすると、かなりマニアックでビビる。

CONQUEROR

輪廻は、アルバムCONQUERORの一番最後に収録されている。アルバムは、すべての曲が輪廻のようにブルータルな感じではなく、いろいろなテイストの曲が収録されている。
BAND-MAIDの曲は、(多分意図的に)キャッチーすぎるメロディーにしてない感じがすごく良いと思う。BAND-MAIDの演奏とメロディーでロックの良さに開眼した気がする。

SpotifyとAmazon Musicで聴くことができるアルバム

BAND-MAIDのアルバムは、spotifyとAmazon Musicで聴くことができる(2020年1月調べ)。

アルバム名SpotifyAmazon MusicAmazon Music Unlimited
CONQUEROR
MAID IN JAPAN〇(2014)
WORLD DOMINATION
Just Bring It
Brand New MAID
New Beginning
タイトルとURLをコピーしました